一瞬で見分けがつく判子

印鑑イメージ

皆さんは印鑑をいくつもっていますか?
まず認印ですが、これは日常用の略式の印鑑で、宅急便の受け取りや子供の学校への提出物に捺印する時等に使用したりと出番が多い印鑑ですよね。

ところでこの認印と三文判で違いはあると思いますか?
辞典で三文判を調べてみた所
「ひじょうに安くて、きわめて値打ちのない判子」
となんともひどい書かれようでした。
私の考えだと普段使いの認印は安いので十分と思って購入する事になるので、認印と三文判は同じものという事なのではないかという所です。
だから宅急便のお兄さんに「認めお願いしまーす」と言われて「三文判で良いよね」と答えるとあたかも二種類のはんこが登場しているみたいでその実同じはんこのことだったと言う訳です。

次に成人として必ずもっていなければならないのが実印。
銀行印としても使うし、不動産関係や諸所の契約時に必要になります。
外国などはサインで済ませる事も日本では署名、捺印とセットになっています。
これも日本人の慎重かつ疑い深い人間性の表れといった所なのでしょうか。

私自身経験したことですが、銀行印として苗字のみの判子を何本か持っていて自分の思い違いから銀行の窓口での現金引き出しができない事がありました。
どう見ても通帳に登録したはんこと同じにしか私には見えなかったのですがそれでも
「もう一度ご確認ください。これは違うはんこです」
といわれ、三本程もって行った事があります。
その中に正解はありましたが、形も中の文字も似ているはんこはやめようと思いました。つくるなら一瞬で見分けがつく判子がいいですね。

安心のハンコ屋さんご紹介

ページの先頭へ